水なす産地訪問
2015/05/02(土) いつもHPのご利用ありがとうございます。 
4月は雨の日が多く、また気温が低い日が続き、京都だけでなく全国的に農作物の育ちにくい1ヶ月でした。
特に発売を開始したばかりの水なすは、入荷量が通常の10分の1以下となる状態が続き、お取引先様にはご希望の通りお届け出来ず、大変ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。
この異常とも言える気候の中、大阪の水なす生産者地へ行き、生産者の方から色々と話を伺いました。
「水なすは、花が咲いてそこに実が生る。4月は気象条件が悪く、咲いた花も寒さから落ちてしまい実が生らない。また日照時間が少なく実を付けても大きくならない」と教えて頂きました。
このように天候に左右される農作物ですが、物があふれている日本の現状を思えば、むしろ自然の恵みに感謝しないといけないと改めて感じました。
5月に入り、水なすは、通常の80%程に仕入量が回復してきました。水なすの生産者様に感謝して美味しいお漬物に仕上げ、お客様に喜んで頂けるよう尽力したいと思います。

■水なすの生産者ハウスの様子(まだ小さい水なす)
■丸漬水なす